ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
アロマセラピーでお風呂
a0014464_19147.jpg
(フランス ブルゴーニュ地方 03年7月)

6月末にアロマバスオイルの第二弾を作るためにフランスに行く事になり
ました。ちなみに第一弾はデトックスをテーマに作りました。

アロマセラピーが得意とするのは「病気じゃないけど、体調が良くない」
という状態を改善する事だと思います。

15年前にロンドンで一緒に暮らしていた義理の母は、買い物から帰ると
バスルームに直行して、大きなたらいにお湯を張り、ペパーミントを数敵
垂らしたもので足浴して一息ついてから、夕食の準備にかかっていました。
10分間の余裕が、痛みを我慢しながら作業することから解放してくれる
と言うのです。
ミントの香りが、気分をリフレッシュしてくれる効果もあったのでしょう。

せっかちで若かった私には、そのゆったりとした光景はとても新鮮でした。

エッセンシャルオイルを使う事を習慣にするのに、最も簡単なのは
入浴時バスタブに入れて使う事だと思います。
体調に合わせたオイルをいくつか持っていて、疲れ気味だとか、眠れないとか、
肩が凝っている、むくんでいるなどの症状に合わせてオイルをブレンドして
使う。からだも気分も楽になってよーく眠れるはず。

カモミールローマン、メリッサ、マージョラム、ラベンダーのブレンドが
最近雨の夜のお気に入り。ぬるめのお湯の中で、ゆっくりしたリズムのジャズを
聞きながら、リラックスして香りを楽しみます。

エアコンによる室内と室外の温度差で体が冷えた日や、むくみがきつい日は、
昨年フランスで作った、「バン.デトックス」で発汗するまで入浴します。

明日も元気でがんばれるように、今日の疲れは今日のうちに解消すること。
アロマセラピーの力を借りれば簡単にできるはず。
# by mamileavey | 2004-06-07 19:15
アロママッサージがうつの治療に効果的
a0014464_81659.jpg
(パリ サンジェルマンデプレ 03年1月)

植物から抽出した芳香性のオイル(精油)で体をほぐすアロマセラピーマッサージがうつ病の治療に効果があることが、京都府立医大の今西二郎教授ら微生物学と精神科のグループの研究でわかった。抗うつ薬などを使う治療の補完療法として期待される。

このような記事が22日の朝日新聞に掲載されていました。

私がアロマセラピーを始めた理由も、雰囲気からではなく、
実際にマッサージをしていただいた翌日に、子供の頃から悩まされてきた
肩こりや、むくみが軽くなっていた事からでした。
初めてマッサージを受けたその夜は、疲労感はいつもの何倍もひどく、
トイレに5〜6回も起きなければならず、疲れているのに何度も起こされて
マッサージを受けた事を後悔したほどでした。

でも翌朝、それまでに感じた事がなかったくらい爽快な気分で目がさめました。
自分のからだじゃないみたいでした。

その後アロマセラピーのマッサージの効果を信じて、自分や家族に、
サロンを始めてからはお客様に対して、マッサージを続けています。
アロマセラピーを知らなかったら、私はこんなに元気でいられなかったと思います。

私がアロマセラピーの勉強をしていた17年前、すでにヨーロッパでは
植物療法(アロマセラピーやハーブを含む)は医療を補完する意味で
使われていました。お産を軽くするために、末期がんの方の苦痛を軽減するために、
また、アルコールや、ドラッグ中毒の方の更正に、うつや自閉症の方への
治療の一環としてなど、授業中に先生が話してくれた内容は驚きの連続でした。

日本でも一日も早くそうなればいいのにと、長年願っていましたので
今回のこの記事はとても興味深く、そして嬉しく思いました。
# by mamileavey | 2004-06-03 08:18
お気に入りの風景
a0014464_195224.jpg
(自宅 リビングルーム)

今年の冬にぶらっと立ち寄ったサンフランシスコのギャラリーで、
たくさんの展示作品の中から、劇的に一目惚れして買った写真です。

疲れて家に帰っても、リビングで迫力あるこの風景が迎えてくれると
細かい事は「ま、いいわ」と、寛大な気分になります。
視覚から脳がリフレッシュするという感じでしょうか?

ちなみにオーストラリア出身のPETER LIKの作品で、
その他の作品も、どれも幻想的で素敵。
http://www.peterlik.com/

次はどの作品を連れて帰ろうか、写真集を見ては思案中です。
# by mamileavey | 2004-05-31 19:47
旅の効用
a0014464_03939.jpg
(アリゾナ セドナ 今年の春)

私の一番のストレス解消法は旅。
仕事を兼ねてであったとしても、飛行機に乗ってどこかに行くのが大好き。
東京でどんなに忙しく仕事をしていても、問題を抱えていたとしても、
「もうじたばたしてもどうすることも出来ないもの。」という開き直りからか、
飛行機が離陸して日本から離れると、離れた距離と時間だけ、
頭の中から諸問題が消えていきます。
雲の上から雲を見るのも大好き。
地上がどんな天気でも、上空の空の色はいつだってゴージャス。
神様にグーンと近くなって、特別なお願いごとも聞いてもらえそうです。

ヨーロッパでアロマの商品を作っているので、
仕事では主にフランスとイギリスに行くことが多いのですが、
今年は久々に完全プライベートの休みを取って
以前から行ってみたかったヒーリングスポット、アリゾナのセドナへ行ってきました。

鉄分を多く含んだ赤土の中に身を置くと、体内の磁場が調整されるのか、
オフ気分の開放感からか、日本から持参した肩こりがすーっと軽くなっていく。
宿泊したホテル「エンチャントメントリゾート」からは見渡す限り赤い大地に、
たくさんのサイプレスツリーや(このサイプレスには怒りを鎮めるとか、
むくみのもとになる過剰な体液を排出する効果がある)
ワイルドセージやタイム、ローズマリーなどポピュラーな精油の原料になる植物
に囲まれて、さらに体が元気になっていくのが分かる。
ホテル併設のミアモスパのメニューや設備のクオリティがとても高く、
それにも感動。
セドナの前後ロスで10カ所ほどサロン巡りをしたけれど、
ここのスパが一番のお気に入りに。
もちろん広大なロケーションもかなりのプラス要素だったと思いますが。

エネルギーの高い場所へ連れていってもらい瞑想すると、
胸のつかえが取れてすっきりした気分になる。
旅は私にとってケータイの充電器のようなもの。

そろそろフル充電のためにどこかに出かけて行かなくちゃ!!
# by mamileavey | 2004-05-28 00:40





woman.excite TOPへ Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム