ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2006年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ハーブティー
a0014464_04385.jpg
a0014464_044885.jpg
ハーブの持っている効能は世界中で古くから知られています。
18世紀にはハーブやや薬草を使った植物療法「フィトテラピー」が学問として
確立され、フランスでは国家試験が設置されたほど。
ところが化学薬品の進歩に伴って1941年にはこの資格制度は
廃止されてしまったそうです。残念なことですね。

私は精油を使うのと同じように、日々の体調に合わせてハーブティーを
頂くようにしています。
お気に入りは、パリの「エルボリストリ.デュ.パレ.ロワイヤル」のハーブティ。
こちらは店員さんがみなさんハーブに関して詳しい知識を持っていて
体調の悩みを相談すると、具体的な症状を聞いてくださって、
必要なハーブと、飲み方を教えてくださいます。
家族の誰かが不調を訴えるときも、必ず処方してもらって帰ります。

アレルギー体質を改善するためのブレンド、足の血液循環を良くするもの、
セルライトを改善するものは必ずいただいてくるのですが、
(この処方は35種ものハーブがブレンドされています!)
食後に胃をスッキリさせてくれるものや、目の疲れを除くもの、
不眠に効果的なものなど、その時の気分に合わせて購入して来ます。
化学薬品と違って作用は穏やかですが、身体に負担をかけることなく、
効果が現われるので、私の日々の生活の中で手放せないものの一つです。

友人が遊びに来たときも、会話の様子からその日の体調を診てその時の
コンディションが改善されそうなハーブティをいれてあげるようにしています。
さりげなく大切な人の調子をアップさせてあげられたら嬉しいですよね。。。

L`herboristerie du paris royal
11,rue des Petits Champs 75001 Paris
by mamileavey | 2006-08-28 01:00
ナリサワのオリーブオイル
a0014464_23301564.jpg
久しぶりに青山のナリサワさんでお食事しました。
当然ですが、自分で料理するのは「絶対無理っ!!」な
見目麗しく美味しい食事をいただいてまいりました。(写真は桃のサバラン)
昨年12/30に、ナリサワさんに2005年の最後のスペシャルディナーを
ごちそうになって、楽しい時を過ごし一年をハッピーに締めくくったのが
最後だからなんと8ヶ月ぶり。。。。。
a0014464_2330331.jpg
(ずいぶん顔が丸いです。。。)

「ナチュラルダイエット」をきっかけに、食事を根底から見直す事から
始まった私の「食事革命」、スタートからもうすぐ半年が経ちます。
興味を持つと集中しやすい私は、3月以降食事を作る事にはまって
美味しいものの食べ歩きをずいぶんお休みしていました。

毎日、料理の本を眺めては野菜料理のレシピを抜き取り、試行錯誤を
繰り返しています。作る事が楽しくて食べる方が追いつかず、
スタッフや家族親しい友人に変わったものを食べさせ、ギニーピッグにして
ずいぶんと迷惑をかけました。。。
調理法のみならず、食材そのものの栄養価や、効率的な摂取の仕方や
組み合わせ(食べ合わせ)、薬効、郷土料理や、産地や旬について、また
農法や、農薬の除き方など、食関連について広範囲に興味を持って、
渋谷区内の図書館に通っていました。(今もですが)
近いうちに面白かった本や参考になった本をご紹介したいと思います。
食の世界は本当に奥深く面白いです。

半年前に比べるとものすごく体調が良くなりました。
体脂肪はきっちり4%ダウン。むくみも疲労感も肌荒れも無くなりました。
ダイエットの事など一切考えなくても、自然に必要なところまで
体重は落ち、それ以降はその理想体重がキープされています。
空腹だった事は一度もなく、美味しくハッピーに変わる事ができました。
エネルギーも充電された感じがして、以前よりずっと元気です。
大変な事と言えばフルーツや野菜は、買い物が重い事くらい?!
自分に合う食事法を見つける事が出来て良かったと思います。

a0014464_23295721.jpg

ナリサワで食事が終わって帰るとき、マダムからナリサワオリジナルの
オリーブオイルを頂きました。http://narisawa.shop-pro.jp/?pid=1444360
「フルーツトマトにこのオイルをかけて、ゲランドの塩をふって食べてみて。
酢は要らない。シンプルだけどナリサワの味になるわよ!」
.....ユーコさん、ありがとうございます。
「絶対無理っ!」を撤回して美しい健康食にトライしてみます!
by mamileavey | 2006-08-19 23:48
マイロハス
a0014464_23293188.jpg

日本の夏独特のにわか雨、雷。蒸し暑さで眠りずらい夜が続いていますね。
熟睡出来なくてもお昼寝が許される環境なら良いのですが、
お昼寝できないと、当然睡眠不足になってしまいます。
暑いと言ってエアコンを入れっぱなしで休むと、身体の奥が冷えてしまって、
血液やリンパの流れが悪くなり、朝もだるさが抜けていないため、
夏中ずっと不調が続いてしまう方も多いようです。
私はこの時期、無香料のボディソープ1回分に、ペパーミントの
エッセンシャルオイルを1滴加えて身体を洗うようにしています。
お風呂上がりの肌がスースーして、すっきりします。
a0014464_23292211.jpg
入浴後、洗面所にエアコンを入れておくと冷えすぎてしまうくらいです。
火照って眠れないなんていう方、試してみてはいかがですか?
ただし入れ過ぎは禁物ですよ。
入浴後はリラックスのポーズで、深い呼吸を続けていると、気持ちよく
眠りにつけますよ。

マイロハスという雑誌に化粧品など私の愛用品や美容法が掲載されました。
編集長がこのブログを読んでくださったとの事がきっかけです。
(ありがとうございます)
特集ではオーガニックコスメなどがたくさん紹介されていました。
サイトも面白いので、興味の有る方はご覧ください。
http://www.mylohas.net/
a0014464_23133072.jpg

by mamileavey | 2006-08-17 23:48
今日から痩せ日です
a0014464_15152052.jpg

昨日は満月でした。
一昨日からの強い雨に、空気の汚れが流されたのか
それはそれはきれいなお月様でした。

これから24日の新月に向けて、溜まったものの排出に適した2週間です。
あ〜!大変と、焦っている方、まだ間にあいます。

例えば私はむくみをとるために、オリジナルバスソルトを入れたバスに
入ってゆっくりじっくり汗をかいて、深部から汗を出す。
良く使うのが、サイプレス、ジュニパー、ラベンダーなど。
カップ1杯の塩に精油合計10滴まで(バスタブの大きさによって要調整!)
満月前後はアロマドゥースのバンデトックスを使用するにも最適の日!!
バンデトックスはそういうレシピで調合してあるんですよ!!
http://www.aromedouce.com/

お風呂に浸かってあげるとカラダから余分な水が出ます。(野菜みたい?!)
暑さや温度差で疲れたカラダの内部の疲労物質がじっくり押し出されるのを
イメージしながら、湯温は低めの37〜38℃くらいで。
汗がひくまで薄手のローブを羽織り、常温のハーブティーを少しづつ飲む。
フェンネルやミントのハーブは疲れた消化器系の働きを高めてくれるので
良く使います。
完全に汗がひいたら、さっぱりしたナイティに着替えてドライで適温に空調した
お部屋で休みます。この時、エアコンは止めてしまいます。
エアコンをかけた状態で休むと、翌日カラダのこわばりが残って、疲れたまま
一日をスタートさせなければならなくなります。

朝はグレープフルーツかオレンジを絞ったジュースを飲んでから、入浴。
朝食は人参を中心にジューサーで絞った生ジュースと、新鮮な果物。
水分を十分に含んだものを頂いています。
今は桃とイチジクがおいしい。スイカやメロン、パパイヤも良く食べます。
量を話すと必ずびっくりされるくらい、たくさん食べるので空腹感はありません。

胃腸に消化の負担をかけないので、他の事にエネルギーを使えるようになります。

このところ調子が良くないという自覚の有る方、この入浴法と食事法、
2週間だけ試してみてはいかがですか?
今なら月のパワーも応援してくれているので良いタイミングかもしれませんよ。
by mamileavey | 2006-08-10 15:17
帰りの飛行機の中で
セルティックの選手と同じ飛行機でした。
中村俊輔さんも乗っていたので、サッカー好きの娘は大喜び!
a0014464_3134535.jpg

27名で来ているとの事で、私たちの周りが全部サッカー選手。
マネージャーの方とお話したら、明日の試合で横浜に行って2泊で帰るとの事。
この方とても親切で、DVDを観てくつろいでいた中村さんに声をかけて
ご紹介くださいました。気さくで素敵な方でした。
チームキャプテンのニール レノンさんもジョインされて、
思いがけず飛行機の中の長い時間を楽しく過ごす事が出来ました。
ニールさんのお嬢さんと、娘が2歳違いで名前が一緒だそうで、
今の娘の年齢、16歳からプロになったとか、日々の練習の事とか、
アイルランドの事などお話してくださって、良い思い出になりました。
a0014464_3135728.jpg

選手のみなさん、明日の試合がんばってくださいね。。
by mamileavey | 2006-08-03 03:15
パリ
a0014464_1501884.jpg

パリの初日は42℃でした。エアコンの設備が整っていないヨーロッパが
こんなに暑くなると、具合が悪くなる人が出るのも当然ですね。
でも、空の色はとてもとてもきれいでした。
a0014464_150328.jpg

長い年月改装していたオランジュリー美術館が、
この5月にやっとリニューアルオープン。
念願叶って、やっと実物の「睡蓮」を見に行く事ができました。
自然光で作品が見られる工夫がしてあるそうです。
目を患っていたというのに、78歳に依頼を受けて描き始めたという作品には、
パワフルではないけれどぐーっと深いエネルギーを、特に群青色の作品郡に
感じました。本物を目にする事が出来て良かったです。

ロンドン同様、凱旋門、エッフェル塔、ノートルダム寺院、オペラ座など
観光地見学をして、夜はカルチェラタンにあるスペイン料理のレストランへ。
a0014464_1504124.jpg

こちらはモネの作品とは対照的な、若いパワフルなエネルギーが全開。
お食事は美味しくてリーズナブル。ショーも小さいながら充実。
オススメできるレストランです。(カジュアルです)
そしてなぜかお客様の女性の美人度が高くてびっくりしました。
ギターに併せてフラメンコを踊ってしまうお客様もいて、娘と二人目が釘付け。
フラメンコを習いたい気分一杯でお店を出ました。
www.lacasapepa.com
by mamileavey | 2006-08-03 02:23
ブルゴーニュでゆっくり過ごす
都市の楽しさとは違ったリラックスタイムを過ごして来ました。
a0014464_1203645.jpg

涼しいうちに起きだしてゆっくりお風呂にはいる。
時間をかけてランチをした後は、めいめいの時間を過ごす。
プールに浮かんだまま、あるいは木陰で昼寝をする。
a0014464_1211363.jpg

a0014464_1212685.jpg

a0014464_121373.jpg

本を読んでいてもいし、おしゃべりしていてもいい。
ぼーっとしているのが幸せな時間。
a0014464_12986.jpg

美味しいものをにぎやかに囲み、唄い、笑う。
a0014464_1325558.jpg

いつもこういう気分で食事が出来たなら、絶対にココロもカラダも
元気できれいになれるのだと思う。
by mamileavey | 2006-08-03 01:42
教会でモーツァルトを聴く
フランスに限らず、夏が短いヨーロッパでは明るい時間を有意義に使おうと、
夏の夜にはさまざまなイベントがあちらこちらで行われています。
a0014464_029148.jpg
有名な巡礼地の一つであるベズレーの教会で、
モーツァルトのコンサートが行われました。
特別に準備中の光景なども見せてもらいました。
こんな小さな街にどこからこんなにたくさんの人がわき出したのかと
思うほど大勢の観客が見守る厳かな雰囲気の中で、コンサートは始まりました。
21時30分スタートだったのですが、今回のコンサート趣旨やレクイエムに
ついて説明が長過ぎて、15分を越えた頃にはたいくつした場内から
大きな拍手がわき上がって、演奏を催促していたのがヨーロッパっぽくて
面白かったです。

演奏は素晴らしかった。特にソプラノとテノールの歌声が壁や天井に響き、
茜から藍色、そこから漆黒へ変化してゆく教会のステンドグラスの美しさに
視覚と聴覚両方の感覚器から受けるぞくぞくするような感覚。
娘が合間に「鳥肌が立つね。」と言っていましたが、まさに鳥肌が立つような
感じでした。
a0014464_0324990.jpg

a0014464_033698.jpg

ちなみにこの教会には、マグダラのマリアが安置されているそうです。
実際に地下に安置されているのを、見学させてもらいました。
ダヴィンチコードの結論とは違っていますが、興味深い事を教えて頂きました。
by mamileavey | 2006-08-03 00:42
ダ.ヴィンチ コード
せっかくこの時期にロンドン、パリへ行くのだからと、ミーハーな気持ちから、
半ば強制的に映画を観せて今回の旅に臨みました。
ツアーにジョインするほどではないけれど、舞台になった場所は見て来ようと、
ロンドンではウエストミンスター寺院と、テンプルチャーチへ。
a0014464_2342447.jpg

テンプル騎士団が眠る場所では、「映画と同じだ〜」と、多いに盛り上がった
本当にミーハーな母娘でした。

パリではサン シュルピュス教会と、ルーブル美術館へ。
a0014464_23435632.jpg

a0014464_2344497.jpg

日曜日だったためミサが行われており、オルガンが響いていている中で、
私たちも静かにお祈りをしてきました。
しかし、ローズラインの場所は見つけられず。。。。。
友人の話しによると、サン シュルピュス教会内での撮影は許可されず
どこか別の場所だか、CGで撮影されたとの事ではありますが。。。
(ごめんなさい、適当で)
a0014464_2344583.jpg

モナリザの前はいつもにも増して人の山になっていました。
以前は他の作品と並んで展示してあったモナリザが、今は一つの壁に
一点のみで展示されてありました。
実際の作品の大きさからいけば、壁の比率にあっていない気がするのですが、
あの人ごみではしかたがないでしょうね。
by mamileavey | 2006-08-03 00:05
マクロビオティックのクッキングクラス
食事法に凝っているという私のために、ロンドンの友人がアレンジしてくれた
マクロビオティックのプライベートレッスンへ行って来ました。
a0014464_2324242.jpg

元々の考え方の説明を1時間半ほど受けた後に、玄米の正しい炊き方と、
副菜、デザートを一緒に作りながら教えていただきました。
お麩の扱い方を教えてほしいとリクエストして、副菜は麩のカツと、
リークとお麩の煮物を習いました。
圧力鍋で美味しく焚かれた玄米はとっても美味しくて、
梅干しとお味噌汁だけ有ればそれで満足というお味でした。
a0014464_2324187.jpg

いっしょに教えていただいた生姜みそは、ただショウガとみそを炒めた
だけの簡単なものですが、手軽なので家でも試してみたい一品でした。

先生の節子さんはマクロビ食で4人の子供を育てたそうで、
この日3人のお子さんにお会いしましたが、元気一杯でした。
ご主人が経営するマクロビオティックの食材は、マドンナのお食事を
担当しているまゆみさんも使用しているものだそうです。
www.clearspring.co.uk
ちなみに受講料はお昼込みで一人30ポンドでした。

レッスンの後はセントオーボンズという郊外の小さな街へドライブ。
古い石畳の残るカワイイ街は私が大好きなイギリスの街のひとつです。
a0014464_23353346.jpg

そしてここには私も娘も大好きなワッフル屋さんがあります。
「せっかくお昼がマクロビだったのにね。。。。。」
娘のこの日の旅日記から。
by mamileavey | 2006-08-02 23:38





woman.excite TOPへ Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム