ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2005年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
決意の色
a0014464_22552857.jpg

久しぶりに結婚式に参列しました。
22歳の花嫁は初々しく真っ白なドレスがとても似合っていました。
ガーデンウエディングだったのですが、空はきれいな青で、
白いドレスと花嫁の笑顔のコントラストはとてもかわいくて印象的でした。

そういえば結婚式はもちろんの事、始まりの時、記念日など私にとって
大切な節目のときに選ぶ洋服はたいてい白でした。
無からのスタートを、あるいは初心に戻る気持ちを表すからなのでしょうか。
特別な決意を表現したい時の色なのかもしれません。

書いていたら無性に白い服を着たい気分になりました。
何か新しい事を始めたくなっている前兆でしょうか??

ヴァージンロードを歩く若い新婦の幸せそうな表情と、
彼女と歩く父親の神妙な顔のコントラストもまた印象的でした。

末長い幸せを心から願っています!
a0014464_23274182.jpg

by mamileavey | 2005-04-19 23:31
香りー入浴ーマッサージーヨガ
a0014464_21554245.jpg

今までは仕事が忙しくなるとどうしても自分の事は後回しになりがちでしたが、
最近は入浴後の1時間を自分の為だけに使う事にしています。

その日の気分で欲しい香りを焚きます。
香りを心にしっかり感じながら、ボディクリームやオイルで保湿を兼ね、
凝った部位をほぐすような軽いマッサージをしています。
即効性があるので、足裏に一番時間をかけます。
足裏を触ると、面白いくらい自分の不調部位がわかります。
胃の調子が悪い、腰や背中が凝っている、頭の使い過ぎ、
食べた物が悪かった。なんて事はもちろんですが、
我慢し過ぎ、ストレスが溜まっている。太り始めるなんてことも感じ取れます。
食べた物や寝不足などで、顔がむくんだり、ニキビが出来てしまうのと同じで、
自分の生活や体の状態はもちろんの事、心の状態まで足裏に現われます。
体に自覚症状が出る前に、足裏の痛みとなって現われる事も。

サインを見落とさないようにして、数日痛いところを丁寧にもんであげると
ちゃんと改善されるのが不思議です。
足指が頭、土踏まずの中が消化器系、かかと、両くるぶしが生殖器系などの
だいたいの足裏の反射区を覚えておくといざという時役立ちますヨ。

マッサージの後はいくつかのヨガのポーズで呼吸を整えていきます。
意識してお手入れをはじめて数ヶ月、劇的なプロポーションの変化は
ないものの、毎日入浴後に計っている体脂肪率が下がりました!!
何よりも、失いかけていた体の柔軟性が徐々に戻ってきた感じがします。
体が柔らかくなると、こころも明るくなるから不思議。

こころも落ち込み、体調も連動して良くないときには、まずは体の調子を
整えていく事をオススメします。
たいていの方はそうすると気分もリフトアップしてゆくようです。
「好きな香り」「入浴」「簡単なマッサージ」「軽いストレッチ」「深い呼吸」

ちなみに今夜のお手入れのお供はゼラニウム、ベルガモットにラベンダー。
リラックスして素敵な夢が見られるように、丁寧にケアする事にします!!
by mamileavey | 2005-04-12 22:04
4月になると思う事
a0014464_21131560.jpg

サクラの開花とともに4月は私にとっていろいろな思い出の月です。

エステドクラッテを目黒ではじめたのも1992年の4月1日。
10周年のパーティーもサクラが満開の八芳園で4月1日に。
マミーズタッチのリニューアルオープンも2003年の4月1日。
上原に念願の一軒家のサロンをオープンしたのも昨年の4月1日。

雑居ビルの中にある美容院の一角を間借りして、サロンをスタートさせてから
13年もの月日が流れました。
洗濯機が置けないくらい狭いスペースで、掃除も洗濯も電話の応対も、
もちろんお手入れも当時は一人でしていました。ホントに大忙し!
子供が2歳の時の開業だったので、時間までに保育園に迎えに行くのが
至難の業で、広い園庭で保母さんとぽつんと遊んでいる娘と、私のせいで
残業になってしまう保母さんに、いつも「ごめんなさい!」という気持ちで
ダッシュでお迎えに行っていました。そこだけは何年経っても罪悪感ですが。
(同じ境遇の働くお母さん、すっごく大変なのは数年です。がんばって!)

でもマッサージをするのは楽しくて楽しくて、毎日がとても充実していました。
その間、はじめは一般的ではなかった「アロマテラピー」という言葉も、
きれいと元気をサポートできる療法という事で、広く認知されるように
なりました。

「私だったらこんなサロンに通いたい」そう思えるサロンを作りたくて、
「私だったらこんな技術者に担当されたい」そんな技術者を目指してきました。
「大切なお金と、時間を使ってココに来て本当に良かった」と、玄関を出るときに
すべてのお客様に心から感じて頂けるサロンをイメージしてきました。

あっという間に過ぎた時間ですが、この間に心の中に得たものはとても大きく
どんな経験をとってみても、私の宝物です。

4月はどうやら私の「初心に返る月間」らしく、サクラの1週間は自然に
しっとりと思い出に浸ってしまいます。
a0014464_2113183.jpg

by mamileavey | 2005-04-08 21:25





woman.excite TOPへ Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム