ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ありがとうございました
a0014464_1639148.jpg

今年もあと一日になりましたね。
みなさまにとって今年はどんな一年でしたでしょうか?

私にとっての2006年は大きな変化の年でした。
一番の出来事は14年7ヶ月間続けて来た会社から引退した事。

1月末に立ち退きのためにクラルテドゥースをクローズした後、
2月にはアロマドゥースを別会社にして、長く一緒に仕事をしてくれた
スタッフに新会社の経営をお願いしました。

現場でお手入れを続けて来て、「こんな商品があったらいいなぁ」と、
お客様の日々の疲れをその日のうちに取り除けるような感じをイメージして
日本の女性のためのアロマテラピーのホームケアラインを開発しました。
ひとつづつ丁寧にテストしながら、私がフランスやイギリスで直接調合に
携わらせて頂き、自分でも納得出来る形に生み出す事が出来ました。
時間の都合がつかずにサロンにお越しいただくことが出来ないけれど、
アロマが好きという全ての女性に満足していただけるクオリティに
仕上がっていると思います。
もちろんこれからも個々の商品の改訂は必要だと思っていますし、
そこには今後もベストを尽くして関わっていくつもりです。

11月末にはマミーズタッチとスクールを、開業当初からずっと一緒に
がんばってくれたスタッフにお任せして、私は会社の経営から退きました。

マミーズタッチは技術者としての私が、心から愛しているサロンです。
お母さんの胸に抱きしめられている時のような安心感。
来店した方すべてが幸せな気持ちで玄関を出て行かれる場所を作りたい。
おかげさまでスタートしてから今度の6月で10年になります。
何度も店舗を増やすお話を頂きましたが、私には出来なかった。
私が抱くマミーズのイメージは、がんばってくたくたになった心とカラダを
一旦お母さんの子宮の中に戻して、またクリアな感覚で現実世界で
がんばれるように充電させて頂く為の場所と時間であること。
私の子宮はひとつだけ。
今後もマミーズが喜びに溢れる場所であり続けられるように見守ります。

1992年に一人でエステドクラッテを始めてからこれまでの間、
多くのスタッフやお客様、関係者の方々に応援していただいて、
アロマテラピー、リフレクソロジー、デトックスそしてマッサージが
人のココロとカラダに与える大きな幸せや気持ちよさを、私なりに
お伝えする事が出来たと思っています。
与えて頂いたお仕事を一生懸命にがんばってきたのですが、
これから私は経営者としてよりも、一人の技術者として天から授かった
この手と感性を磨きながら生きて行きたいと思っています。

たくさんの方々に応援して頂けたおかげで、3つのサロンとスクールの運営、
商品の開発をする事が出来ました。
たくさんのセミナーや、本の出版、ビデオの出版の機会を与えて
頂きました。雑誌にご紹介頂いた数も2000を越えていました。
「こんな場所でお手入れしたい」とイメージした通りの光溢れるサロンを
上原に建てる事も出来ました。
「私の次元で」ではありますが、全ての瞬間にベストを尽くせたと思うから、
今はとても清々しい気持ちです。
振り返ってみると、無我夢中で走ってきた14年間は私の人生の中で
とても有意義な時間でした。関わりを持つ事の出来た皆様方には
感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。

これからは一技術者として、長く通い続けてくださったお客様に、大好きな
マッサージをさせていただきながら、今最大の関心事である食事法とカラダの
繋がりについて納得出来るまで掘り下げていきたいと思っています。

そして空白になってしまっていた家族との時間と、女性としての自分の
時間をゆっくりと丁寧に埋めていきたいと思っています。

20代の初めにイギリス、フランスに4年間留学して得た知識と、
帰国後にサロンで実際にお客様に触れさせて頂く事で得た14年間の
経験を基にして、アロマ&食事法を中心にした私らしい自然な形のアンチ
エイジング法を、いつかきちんと皆様にフィードバック出来たら嬉しいなぁ
と今は考えています。

はじめてアロマに出会った時に、自分のカラダへの即効性に衝撃を受けて、
強い気持ちで集中して勉強して、必死で日本に伝えようとした20代の私。
その頃の熱い想いが今、戻って来ています。
こんな気持ちで2006年を終えられる事を、心から幸せだと思っています。

心からの感謝の気持ちを込めて。

マミレヴィ
by mamileavey | 2006-12-30 21:19
<< 2007年、今年の抱負 水晶のデトックス >>





woman.excite TOPへ Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム