ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
クリスマスの思い出
a0014464_11241232.jpg
写真の整理をしていたら、娘が小さい頃のクリスマスの写真がでてきた。

娘が2歳の時にサロンを始めたので、普段は2重保育やベビーシッターさん、
実家の母や友人を総動員しての子育ての時代の頃のもの。

でもクリスマスの日だけは娘の満面の笑顔が見たくって、
どんなに忙しくても娘の側にいて、しっかりサンタさん役を務めてきた。
イヴの夜、眠る前には窓の鍵を外し、コーラとジンジャーブレッドクッキーを
靴下型のコースターに乗せてサンタさんが来るのを一緒に待つ。
待ちくたびれて眠った娘を横目に、コーラとクッキーに口をつけて、
サンタさんに宛てた娘からの手紙をそっと抜き取る。
手紙の中には、「私はどんなに寂しくてもおりこうにしていますよ。
勉強もお手伝いもがんばっていますよ。」あるいは、
「本当はもっとママと遊びたい。でもママががんばっているから
私もがまんする」といった内容が綴られていて毎年泣かされた。

プレゼントはヨーロッパで購入してきたラッピングペーパーに包み直し、
英語と日本語のサンタさんからのメッセージカードをつけて枕元へ。
クリスマスイヴのサンタさん役は、長い事私の大切な行事になっていた。

12歳まで続けたこの行事「11歳になるまでホントに信じてたよ」
と娘から言われて、ばれちゃった理由とその後1年黙っていた理由を聞いて、
成長する娘のスピードと心の成熟度に驚いた事が思い出される。

そんな事を懐かしく思いながら、写真を整理する手を止めた。
by mamileavey | 2006-12-16 11:25
<< スーパーデトックスグッズ ドライブ >>





woman.excite TOPへ Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム