ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
化粧ポーチと、その中身
a0014464_165422.jpg

化粧ポーチを作ってみました。
きっかけはカンタス航空の機内アメニティで配っていたコスメポーチ。
ロクシタンのコスメがセットされた濃紺のポーチは、私がポーチに求めていた
機能性をすべて備えていたのです。
旅にはもちろんのこと、自宅でコスメを納めておくにも便利。
今まで、見た目の素敵なものや、一見便利そうなものを色々試しましたが、
半端な位置にブラシの汚れよけのための蓋みたいなのがついていたり、
マチ幅が微妙に狭くて立体的な物が収まらない、中でコスメが動いて粉ものが
壊れるなんていう、苦い経験もしました。
オーダーのポイントは
1ー中身ががさがさ動かない事。
2−旅が多いので、必要な物が機能的に収まっている事。
3−水回りに置く事も考えて外側、内側の素材が汚れにくい事。
4ーいつも手元に置きたくなるような、素敵なデザイン。
a0014464_1732482.jpg

気に入っているだけにいつかは汚れてしまうでしょうから、きれいなうちに
新しいものをオーダーする事にしたのです。

昔ルイヴィトンでオーダーを受け付けていただけた気がしたのですが、
デザイン持ち込みのフルオーダーは出来ませんとの事で、断念。
結局、表参道にある[A-GI]という皮小物やさんにお願いしました。
http://www.ajioka.co.jp/a-gi/agishop.html
なんでも作ってくださるそうで、お財布や手帳はもちろん、見本帳には
皮製のチェス台なんていう洒落たものもありました。

デザインや素材の打ち合わせをして、まったく同じ試作品をきちんと皮で作って
家に送ってくれる。実際にコスメを納めたときの不具合や素材の堅さなどが
気になればこの時点でお直し可能。縫い糸の色や、インナーのナイロン素材、
ファスナーの色、名入れまで細かくお願いする事が出来ました。
価格は38000円くらいでした。
a0014464_17202335.jpg

こんなにたくさんのコスメが収まります。作って良かった〜と思える1品。
今度は基礎化粧品用のトラベルポーチを考え中です。
by mamileavey | 2006-09-05 17:49
<< 満月の日の美容法 お肌の衣替え >>





woman.excite TOPへ Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム